avonew

運動前後のストレッチポールを利用した柔軟体操

私が行っているものはストレッチポールによる柔軟体操です。通常の柔軟体操ではほぐれにくい筋肉などがほぐれ、また身体に無理のかからない様に調整が簡単だからです。また座りながら、寝ながら行うので身体への負担を通常よりも大きく緩和されます。

 

私はもともと身体が柔らかく通常の柔軟体操では筋肉がほぐれにくいですし、また腰痛を持っているので柔軟体操を入念に運動前、そして運動後に行わないと次の日腰が痛くなります。ある日のことですが、スポーツを行った次の日起き上がるのも苦しい位腰が痛くなったことがありました。その時にストレッチポールを使ったことで、痛みが緩和されたことに感動を覚えました

 

この方法を試して良かった点は、運動前に行う事で、腰回りが特に伸ばされることそして肩周りもほぐれるので運動の際にかかる負担が軽減されること、そしてパフォーマンスが上がるという事です。また運動後に行うことで疲労した筋肉の回復を促し、次の日の調子も良い事です。また身体の中でかたい部位もしっかりとほぐれ全身の姿勢、そしてバランスが取りやすくなったことです。

 

悪かった点ですが、使い方によっては刺激が強くなってしまうこともあるため、あまり長い時間行ってしまうと、次の日もみ返しのような軽い痛みが出ることもあることです。またしっかりとした効果を出すためにもストレッチポールの使い方をトレーナーさんに聞いておくのも大事だと思いました。

 

私自身、スポーツを行っておりストレッチポールを使い始め数年経ちますが、次の日また練習行っても疲れにくくなったこと、そして腰痛が和らいできたこと、また練習をたくさん行えることで、そのスポーツ自身のパフォーマンスも向上したことです。

 

お勧めしたい方といたしましては、競技スポーツを行っている方はもちろんなのですが、あまり運動が得意ではない腰痛や肩こりでお悩みの方、一度試していただきたいです。このご時世運動不足の方も多いと思いますのでご自宅で初めていただきたいです。

page top