avonew

美容を日常生活に取り入れる方法、フェニックス(不死鳥編)

私が日常生活の中で、実行している美容に役立つ方法を2つご紹介します。日常生活におきましてできる美容法ですからとても簡単な作業です。

 

1つ目は、お風呂にせっけんまたはボディーソープを混ぜて入浴することです。これは普段使用されているせっけんをお風呂に入れて、入浴する方法なのですが、温泉などによくあるみかん湯やワイン湯などと理屈は同じです。毎日せっけん湯に入るだけでも全身が浄化され、大変美しくなります。

 

2つ目は、生肉、生野菜を食事に取り入れることです。生肉といいますと皆さんえーっ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、皆さんよく考えてください。そもそも市販されている牛肉や豚肉、鶏肉は全て業者が冷凍室で保存をかけられたものです。そこに菌が住めると思いますか?菌は勿論凍死して、販売されいるものには、すべて刺身と同じようにいただけるのです。

 

なぜ生肉、生野菜なのかというと、生肉には内蔵や肌、皮膚に必要なたんぱく質、が豊富に含まれており、内蔵も活性化し、皮膚、内蔵ともにきれいになるからです。炭水化物も脳が食べる栄養素ですから勿論必要なのですが、定期的に生野菜、生肉
もし、抵抗のある方は刺身でもかまいません。焼いて栄養を減らすよりは刺身で健康になった方が得です。

 

ちなみになぜ肉は焼くのかというと、いわゆる殺菌をするためです。先ほど説明した殺菌は業者が冷凍保存した時点ですでに死んでおりわざわざ焼いて殺菌する必要はありません。勿論賞味期限だけは開封した時点で酸化されますから、必ず守ってください。

 

最後になりますが、美容を末長くキープするためには基本的には自分の無意識の中に老けると思う感情を消し去ることが最終的に大事なことになります。私でさえ上記の2つプラス僕はまだ老けないと思っているから、今も46歳で今の若さをキープしています。自分の無意識の中にそろそろ老けるなあなどのネガティブな発想は全て捨て、90歳まで老けない人もいるとポジティブに想像して日々を暮らしていきましょう。

page top