avonew

ヘアトリートメントの使い方や髪質などで使い分ける

沢山の種類があるヘアトリートメントは何を購入していいかとても迷います。本当に自分に合っているのか使い方は間違っていないのか不安になるときがあります。美容の先生に聞いたところまず髪質にあまり、問題がない方(ダメージがなくカラーやパーマを繰り返していないバージン毛)はオイル系のヘアトリートメントを使用すると良いです。

 

オイル系は髪の毛の周りをコーティングする役割、保護をしてくれます。しかしカラーやパーマを繰り返す髪質はダメージがあります。そういった髪質はオイル系とミルク・乳液系の両方使いが良いです。

 

その順番として洗髪後、タオルドライした後にミルク・乳液系を始めに髪につけることでダメージしてる髪の毛に栄養や剥がれたキューティクルを補ってくれます。ミルク・乳液系は髪の毛の栄養やダメージを補う役割があります。

 

そしてヘアドライヤーで髪の毛を乾かした後にオイル系のトリートメントをつけます。そうするとこで髪の毛の表面をしっかりと保護してくれます。オイルで保護することで、就寝のときには枕や布団と髪の毛の摩擦などで髪の毛にダメージを与えないために。外出したときには紫外線、乾燥、静電気からのダメージを守るためです。

 

そのほかにも髪質でトリートメントの種類を使い分けたりします。硬い髪質や剛毛、クセが気になる方などはしっとりタイプのトリートメントやオイルを使用します。つけることはで硬い髪質、剛毛、クセ毛は髪の毛の広がりを押さえながらダメージを守ってくれます。

 

しっとりタイプのトリートメントで艶やパサつきを押さえてくれる役割があります。細い髪質、柔らかい髪質はミスト系やさらさらタイプのトリートメントが良いです。ぺたんこになる髪の毛も軽やかなふんわりとした質感で髪の毛を守ってくれます。

 

あとは好きな香りでチョイスすることです。好きな香りだと気分も上がるので自分の好きなトリートメントを見つけることはとても楽しいです。

page top